【岐阜】ネイティブ英会話を研修に取り入れる!日本人講師とのメリットも比較しよう

お問い合わせはこちら

コラム

【岐阜】ネイティブ英会話を研修に取り入れる!日本人講師とのメリットも比較しよう

岐阜でネイティブ英会話研修をご検討中なら株式会社国際遠隔教育設計へ

グローバル化が進み、企業において実践的なビジネス英会話のスキルが強く求められるようになっています。実践的なビジネス英語を学ぶなら、ネイティブ英会話講師に学ぶメリットは大きいです。しかし、ネイティブ英会話は初心者にとってハードルが高く、学習効率が下がってしまうリスクもあります。こちらでは、ビジネス英会話で求められる英語レベルや、ネイティブ英会話のメリット・デメリットをご紹介します。岐阜市でネイティブ英会話の受講を検討されている方は、岐阜県岐阜市の英会話教室 株式会社国際遠隔教育設計へお越しください。

信頼できる講師陣から学ぶ!企業が求めるビジネス英語のレベルは?

ビジネス英語というとハードルが高い印象を受けますが、実際は日常会話とそこまで大きな差があるわけではありません。ビジネス英語で円滑なコミュニケーションを取れるようにするためには、信頼できる講師から学ぶことはもちろん、勉強方法を工夫することも重要です。ここからは、ビジネス英語と日常会話の違いと、ビジネス英語で活躍できるようになるために必要な勉強について解説します。

解説する男性

そもそも日常会話と何が違うのか

ビジネス英語と日常会話の違いは、日本におけるビジネス会話と日常会話における表現の差と似ています。つまり、ビジネス英語の方が丁寧な表現が求められるということです。

ビジネス英語の特徴

ビジネス英語では、下記のように、日常会話では用いられないような表現をすることがあります。日本語と同じような違いですが、知っているかどうかでコミュニケーションの質は大きく変わるので、事前に慣れておくようにしましょう。

  • 丁寧な表現(CanではなくCould you~を使うなど)
  • フォーマルな単語(buyではなくpurchase、butではなくhoweverなど)
  • 数字の多用(納期や価格、数量など)
  • 論理的な会話

また、英語に限った話ではありませんが、ビジネスを前進させ、成果に結びつけていくコミュニケーション力が問われるのもビジネス英語の特徴だといえます。

日常会話の特徴

日常会話では、短縮形や省略形の表現がよく用いられるのが特徴です。英語の文法では主語が必ず始めに付きますが、日常会話では主語や動詞を省略することがしばしばあります。

また、going toがgonnaに、becauseがcauseになるなど、よく使う言い回しを短縮するのも日常会話ならではの特徴です。

このように、日常会話はビジネス英語よりも砕けた表現になるので、まずビジネス英語で丁寧な表現を覚えてから日常会話で使う短縮形を覚えるとよいでしょう。

会議

ビジネス英語のレベルを可視化

それでは、ビジネス英語のレベルを確かめるには、どのような手段を取るとよいのでしょうか。

TOEICの点数は参考でしかない

TOEICの点数でビジネス英語のレベルを判断するのであれば、800点が「業務を最低限行えるレベル」になり、ビジネスの会議に出席してコミュニケーションを行うレベルとなると、900点を大きく超える点数が求められるといわれています。

しかし、TOEICはあくまでインプット能力を測るテストなので、自分の意見を伝えるなど、英会話で必要なアウトプット能力は確認できないのが現実です。そのため、ビジネス英語のレベルを確かめるためには、TOEICの点数はあくまで参考とし、英語のコミュニケーション力を実際に確かめる必要があります。

コミュニケーションが成り立つかが重要

それでは、ビジネス英語のレベルはどのような形で確かめるのがいいのでしょうか。その一つの指標として使えるのが「英会話の習得にかけた時間」です。米国国務省の付属機関、FSI(外務省職員局)によると、英語のネイティブスピーカーである外交官が日本語を「業務に必要なレベルで習得する」ためには、2,200時間が必要になるそうです。日本人が英語を習得する場合でも同様のハードルがあるので、英語習得までには2,000~3,000時間が必要になると考えられます。3,000時間といえば、1日3時間勉強して3年かかる計算です。つまり、それだけ英語の習得には長い時間がかかるというわけです。

ネイティブレベルの英語力は必要ない

ビジネス英語において、ネイティブのように完璧な文法を使いこなす必要はありません。「自分の伝えたいことが伝わる」のが、なにより重要なことです。文法が間違っていたり、訛りのある発音になっていたりしても、コミュニケーションに支障がないなら何の問題もないのです。そのため、「ネイティブのような発音や完璧な文法にこだわる」のではなく、「相手にわかりやすく伝える」ための勉強を続けてきた人が、ビジネスの場で活躍することができるのです。

実績をチェック!ネイティブ講師と日本人講師どちらがいい?

英語を学ぶならネイティブ英会話を学べる講師がいい、と考える方は多いのではないでしょうか。確かに、ネイティブ英会話講師にレッスンを受けるメリットはありますが、目的やレベルによっては、日本人英会話講師にレッスンを受けた方がいい場合もあります。ここからは、ネイティブ英会話講師と日本人英会話講師、それぞれからレッスンを受けるメリットを紹介します。

教える講師

ネイティブ講師からメリット

まず、ネイティブスピーカーの講師に教えてもらうことによるメリットをお伝えします。

実践的で生きた英語が学べる

日本人英会話講師の場合、英語圏で日常的に英語を使うことはないので、英会話の基礎は学ぶことができても、発音や会話のリズム、言い回しなど、正しい英語を聞くことができない可能性があります。

その点、ネイティブスピーカーなら正しい英語の使い方を実際に聞けるので、ビジネスシーンで活躍したい方にとってメリットが大きいといえるでしょう。

ネイティブの考え方を学べる

英会話を覚えることはもちろん大事ですが、ビジネスで英語を使う際には、英語圏の人がどのような価値観・考え方を持っているのか覚えておくことも非常に重要です。

ネイティブ英会話講師であれば、ビジネス相手と同じように英語圏ならではの価値観を持っていることが多いので、より実践的なコミュニケーションの練習を行うことができるでしょう。

英語圏の文化やタイムリーな話題にも触れられる

英語圏といっても、国によって異なる文化があり、英語の表現や言い回しも少しずつ異なります。ネイティブ英会話講師とコミュニケーションを取ることで、出身地の文化について詳しく知ることができ、英会話を実践する際の役に立ちます。特に海外出張・赴任する方や特定の国とやり取りする方は、その国出身のネイティブ講師のレッスンを受けるのがおすすめです。

また、現地のタイムリーなニュースや話題を知ることにもつながるので、ビジネスで現地の方と会話をする際の会話のネタにもなるでしょう。

meritとアルファベットブロック

日本人講師のメリット

日本人が躓きやすいポイントを知っている

ネイティブ英会話講師は、物心が付く前から英語を話すのが当たり前になっているので、日本人が躓きやすい文法や発音などを上手く教えられない傾向にあります。私達が、日本語ができるからといって日本語の文法や発音を詳しく教えられないのと同じです。

その点、日本人英会話講師なら、同じ所に躓きながら英語を学んできた経験があるので、受講生の悩みを適切に解決することができます。そのため、基礎から学びたい方には日本人講師の方がおすすめです。

日本語でのサポートを受けられる

ネイティブ英会話講師のレッスンを受ける場合、全てのやり取りを英語で行うことも多いです。しかし、英語初心者の場合は、そもそも英語でのやり取りに慣れていないため、講義以前に講師とコミュニケーションを取るのに時間がかかってしまうこともあるでしょう。

日本人英会話講師であれば、文法を日本語で説明することが可能であり、英語で詰まったときにすぐ日本語で質問できるというメリットがあります。

レッスン以外での勉強方法についても聞ける

英語学習においては、レッスン以外でも勉強することが欠かせません。しかし、学習に慣れるまでは、どのように勉強すればいいのか迷うことも多いです。

そんなとき、日本人英会話講師なら、自身の経験をもとに効率のいい勉強方法やモチベーションの上げ方など、必要な知識を教えてくれます。また、同じ苦労をしてきた先達として、行きづまったときも応援してくれるでしょう。

岐阜県岐阜市の株式会社国際遠隔教育設計では、実績のある講師が英語の発音、文法、語彙の各分野について丁寧にお教えいたします。ネイティブ講師・日本人講師のどちらも在籍しているため、習熟度別(初級・中級・上級)、または目的別(英語基礎、英会話、ビジネス英語)で効率よく英語が学べるのが特徴です。岐阜市周辺でビジネス英語を学ぶなら、ぜひ株式会社国際遠隔教育設計をご利用ください。

ネイティブ英会話なら株式会社国際遠隔教育設計へお任せ

ビジネス英会話で求められる英語レベルや、ネイティブ英会話のメリット・デメリットについてお伝えしました。ネイティブ英会話レッスンは生きた英語が学べるため、より実践的なビジネス英語を学びたい方にぴったりです。

株式会社国際遠隔教育設計は岐阜県岐阜市に英会話教室を構えており、オーストラリアに在住するネイティブ英会話講師と、海外経験豊富な日本人英会話講師の4人が、少数精鋭で質の高いレッスンを行っています。

ご希望の研修内容・時期・時間帯に合わせて、小人数(2~5名)クラス、マンツーマン授業をご提供いたします。岐阜県内でネイティブ英会話研修を検討されている方は、ぜひ岐阜市の株式会社国際遠隔教育設計をご検討ください。

岐阜でネイティブ英会話を学ぶなら株式会社国際遠隔教育設計へ

会社名 株式会社国際遠隔教育設計
住所 〒500-8046 岐阜県岐阜市米屋町24-1-702 ユーフォリア岐阜米屋町
電話番号 058-215-0674
FAX 058-216-0818
URL https://easyspeak-english.com/
営業時間 10:00 〜 17:00
定休日 土,日,祝

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。